神武館

神武館の歴史、概要についてのご紹介です。

神武館の歴史

ニューヨーク神武館は1995年に、福岡県北九州市から来られた松原利幸先生(現教士七段)によってマンハッタンにて設立されました。その後2000年より道場をウェストチェスター郡ホワイトプレーンズ(White Plains)に移し、現在に至ります。

稽古の方針などは創始者の松原利幸先生、そして次兄の故松原輝幸先生(範士八段)によって示され、松原利幸先生が日本に帰国された後も、その教えを現在に引き継いでいます。

また、ニューヨーク神武館は米国のInternal Revenue Serviceに認められている非営利団体です。剣道の普及を目的にして、当道場はボランティアの先生方によって運営されており、全米剣道連盟、全東部米国剣道連盟のメンバー道場となっています。

神武館の理念と取り組み


稽古の方針などは創始者の松原利幸先生、
そして次兄の故松原輝幸先生(範士八段)によって示され、
松原利幸先生が日本に帰国された後も、その教えを現在に引き継いでいます。

「正しく、美しく、そして強い」剣道を目指しています。

指導者の紹介

ニューヨーク神武館を指導して下さる先生の紹介です。

陶山研 先生(錬士六段)

沼田忍 先生(錬士六段)

練習の風景

普段の練習の様子です。